news

2014/5/21

PRとは? 冷静と情熱の間。

PR

五嶋さん記事の蚕についての解説を読みながら、子供のころ、ご近所に分けていただいた蚕を飼っていたことを思い出しました。
おそらく母は情操教育を狙っていたのでしょうが、「ひんやりしてて気持ちいい~」と、毎日楽しそうに鼻やおでこに蚕の幼虫を乗せ続ける私を見て、思わぬ成果に胸を痛めていたかもしれません。

 

さて。今日は私の専門分野について書いてみたいと思います。
というのも、この会社をつくってから、PRを知らない方々とお話をする機会が増え、「そもそもPRってなに?」というご質問をよくいただくからです。

こういった問いかけは大好きで、面と向かってですとアツく語ってしまうのですが、公の場で披露するのはおこがましいなぁと、避けてきました。なのでドキドキのデビューです。

 

PRとは。Public Relationsの略語です。
つまりPR活動とは、企業やブランド、アーティスト、ひいては個人が、取り巻く環境と良好な関係を紡ぐ・築く活動を指します。取り巻く環境とは、一般社会、マスコミ、顧客、従業員などなど。

「PRってひたすら情報を発信するものなんでしょ?」と思っていらっしゃる方も多いと思いますが、半分不正解です。確かに情報を発信して存在をお知らせし続けることは大切ですが、そこには徹底的に客観的な視点、俯瞰する姿勢が必要です。「誇大な内容になっていないかな?」「誤解を招く表現になっていないかな?」「そもそも受け取る側に価値を感じていただけるのかな?」というように。。

これらをきちんと判断できるということは、遡って、情報発信しようとしているものについて、自分自身で深く冷静に理解していると言えます。「今のご時世においてどのようなところが魅力なのか?」「どういった人たちにどういったトーンで伝えたいのか?」「どういった立ち位置にいきたいか?」―。
PR活動をはじめようとしている方々は、具体的な手法を考える前にぜひ、このコンセプトワークに取り組んでいただくといいかもしれません。そして、客観的に見て「弱いな」など足りなさを感じたら、軌道修正や補強など微調整していただくと、可能性が広がるように思います。情報発信の最適な手法やクリエイティブの切り口も、自然と見えると思います。

 

PRは継続です。
ちょっと実施しただけで誰もがうらやむような一生の成功を手にする、なんて夢のようなお話はありません。雨にも負けず、風にも負けず、いい時も悪い時も地道に。成功と失敗を繰り返しながら、「高反応」と「低反応」を繰り返しながら(笑)、自分なりの方法を模索していく、という感じです。

だからこそ、「ブレない軸」と「変わらない強み」をはじめに確認しておくことが、継続を支える「折れない心」につながると思います。

 

「冷静と情熱の間」。原作を読んでいないですし絶対に意味が違うと思いますが、これはPRパーソンにぴったりの言葉。。

長くなってしまいましたが、PRについて、今後も書いていきたいと思います!

 

基本的なことが書かれていてわかりやすいです。あまり実用書を読まないので参考になるかどうかですが。。

基本的なことが書かれていてわかりやすいです。あまり実用書を読まないので参考になるかどうかですが。。

 

by kajima